HOME > エルクレスト美通信

2011年5月号

バックナンバー

INDEX

  ストレスと皮膚
  美顔本館 カウンセラー 真田飛鳥
  ダイエットの基本
  ボディ館 カウンセラー 小野真由美
  自己処理
  新館 カウンセラーリーダー 深田未央

from美顔本館

「ストレスと皮膚」

美顔本館 カウンセラー   真田飛鳥

真田飛鳥

3月には、地震があり不安な日々を過ごされたことと思います。東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

今回は、ストレスが原因で、自律神経失調症やホルモンのアンバランスが引き起こされることが多く、その場合の皮膚の現象です。

①皮膚表面のざらつき、なめらかさを失う⇒角化異常
②血色が悪くなる⇒微小循環不良
③くすむ⇒微小循環不良⇒還元ヘモグロビンの増加
④精気がなくなる
⑤色素沈着⇒ストレス
⑥たるみ
⑦毛孔の広がり⇒酸化現象の亢進
⑧テカリ⇒酸化現象の亢進
⑨敏感肌⇒知覚神経の過敏状態
⑩吹き出物⇒ホルモンバランスの変化
⑪ニキビの悪化、治癒の遅延
などです。

〈女性ホルモンの働き〉
キメを細かく滑らかな肌・皮脂分泌を抑制・毛細血管を拡張・メラノサイトを刺激・皮下脂肪を増加・頭髪育成に関与

〈男性ホルモンの働き〉
皮膚を肥厚・硬化・皮脂分泌を活性・血圧上昇・体温上昇・筋肉形成を促進・体毛を濃くする

相反する性ホルモンは、副腎から分泌されます。副腎はストレスによって活性化されるため、女性の場合ストレスによって男性ホルモン分泌が盛んになり、皮膚にその影響が出ます。

〈ストレス*お肌に効くハーブ〉
「ローズヒップ」
レモンの20~40倍ものビタミンCが含まれています。レモンやイチゴもビタミンCを含むのですが、ローズヒップにはさらに多く含まれています。ストレスがかかるとビタミンCを多く消耗します。ストレス時にはビタミンC補給は欠かせません。そして、お肌には、シミ予防、色素沈着の予防、シワ予防、コラーゲン生成に役立ちます。
人間は体内でビタミンCを作ることができません。是非、ハーブを試してみて下さいo(^o^)o

PAGE TOPPAGE TOP

fromボディ館

「ダイエットの基本」

ボディ館 カウンセラー   小野真由美

小野真由美

5月に入り、気温も上がり薄着の季節になってきましたね!

そして夏に向けていよいよダイエット本番の季節ですね!!

ダイエットと言えば食事制限や運動が代表的な方法として挙げられますが、今回は運動についてのお話です。

基本的な事ですがお客様からよく聞かれる『ダイエットに有効的な運動のしかたとは?』にお答えしたいと思います。

運動には無酸素運動と有酸素運動があります。

無酸素運動とは短距離走や筋力トレーニングなど短時間に強い力を発揮する運動。筋肉を収縮させるためのエネルギーを、酸素を使わずに作り出します。

有酸素運動とはウォーキングやジョギング、サイクリングなどある程度の時間行う事ができる運動。運動中、筋肉を収縮させるためのエネルギー源を呼吸によって体内に取り入れた酸素を使って作り出します。
体内に取り入れられた酸素が脂肪とくっついて燃焼することでエネルギーになるためダイエットによいとされています。

ダイエットでは有酸素運動が注目されがちですが、有酸素運動だけ行っていると、脂肪も減りますが筋肉も落ち、基礎代謝も下がってしまいます。
有酸素運動と無酸素運動をバランスよく行う事が大切なのですね。

ダイエット目的として運動する際は筋力トレーニング(無酸素運動)を行ってから有酸素運動をすると効率よく脂肪が燃焼されると言われています。

筋肉の代謝は180日(約半年)と言われているので継続的な運動を心がけたいですね。

またリズムよく行うウォーキングには自律神経のバランスを整える効果があると言われています。
睡眠不足やストレス、疲れた体は自律神経のバランスを乱し、お体を冷やしてしまい、結果痩せづらい体質にしてしまいます。

お体を痩せやすい体質にし、短期間で効率よく脂肪を燃焼させ、素敵な夏を迎えましょう♪

PAGE TOPPAGE TOP

from新館

「自己処理」

新館 カウンセラーリーダー   深田未央

深田未央

こんにちは\(^o^)/
脱毛館、深田です☆彡暖かくなってきましたね\(^-^)/

活動的になるこの季節。これからどんどんと、気温が上がり、薄着になってきますね!薄着になると気になるところと言えばやはり\(^-^)/無駄毛m(__)m自己処理が多くなりますよね!

そこで、今から何点か自己処理の種類についてご紹介させて頂きます。ますば一番身近なカミソリ。お手軽な自己処理ということで、ある統計では、45%の人が、カミソリを使って処理をしているということが分かりました。しかし、カミソリで処理することによって起きやすいのが埋もれ毛。

埋もれ毛とは、皮膚の下に毛が生えてしまうことです。薄い皮膚の下で、毛がクルンと丸まって成長しているのが見えたりもします。足の膝下の無駄毛をカミソリで剃り続けると、埋もれ毛がたくさん出来てしまい、ストッキング越しにも見えてしまうようになります。

カミソリで剃る時に、毛の流れに逆らって剃ると、表皮まで削ってしまい、肌が固くなり次に生えてくる毛がその肌を突き抜けることが出来ず、埋もれ毛になってしまいます。カミソリでの処理は、埋もれ毛の他にも、毛穴が色素沈着して黒くなったり、とりはだのようにブツブツになることもあります。

次に毛抜きで処理をすると、脇は平らではなく、くぼみがあるので、カミソリで剃るのが難しく、抜く方も多いです。抜いた当初は綺麗ですが、これも埋もれ毛の原因ともなります。また、毛を引き抜くときに、肌に強い刺激を与えるので、カミソリ同様、鳥肌のボツボツになり、色素沈着で黒くなったり赤い斑点が出来たり肌が汚くなってしまいます。

そして脱毛テープ。脱毛テープだと、一気に毛が抜けるので、足や腕など面積の大きな部分には簡単に出来ます。しかし、脱毛テープは、肌への刺激がかなり強いです。

最後に除毛クリーム。エルクレストでは、除毛クリームをご案内させて頂いております。医薬部外品なので、お肌にも良く、とてもいいニオイなんです\(^o^)/

除毛クリームを体験出来る、お教室を毎月一回、開催させて頂いております\(^-^)/

お気軽にお越しください\(^o^)/

PAGE TOPPAGE TOP

→ 2016年5月

  四月の紫外線対策
  美顔本館 カウンセラー 伊藤万莉菜
  腸内環境とダイエット
  ボディ館 カウンセラー 田中美佐子
  新館

PAGE TOPPAGE TOP