HOME > エルクレスト美通信

2015年12月号

バックナンバー

INDEX

  秋・冬におすすめのハーブティー
  美顔本館 カウンセラー 杉山奈緒
  リンパを味方に!
  ボディ館 店長 脇本佳津子
  生活習慣や食生活を見直して免疫力をアップ
  新館 カウンセラー 秋山久枝

from美顔本館

「秋・冬におすすめのハーブティー」

美顔本館 カウンセラー   杉山奈緒

杉山奈緒

こんにちは、美顔本館の杉山です。
芸術の秋ですね。先日サロンのお客様から有名な華道家のギャラリーにご招待頂き、とても優美で且つダイナミックな世界観を魅せて頂きました!
時々こうした美しい世界観に触れて、五感を刺激しゆったりとした気分で感性を高める事は自分自身のマインドセットと明日への活力へ繋がりますね。
本来こうしたゆったりとした時間の中で免疫力は培われていきます。
私たちの身体を病気から守ってくれているナチュラルキラー細胞とよばれる細胞や、活性酸素を除去してくれるSOD(スーパー・オキシド・ディスムタ―ゼ)という酵素は、体温が37度以上の時に最も活性します。
身体の免疫力を維持しておくためにも身体の体温を下げないような生活を心掛けることは、病気になりにくい身体造りの絶対条件!
冬になると暖房によって暖められた空気が天井に集まって床が冷え、室内が寒い状態になりますので頭寒足熱で足元から温めると全身の血行が良くなりますよ。
西洋でのメディカルハーブの位置づけは、薬としても使われることもあるくらいフィトケミカルの代替療法は注目されています。ハーブティーを生活に取り入れ温かくお過ごしくださいね!

【冷えにオススメ メディカルハーブ】
・ショウガ
・シナモン
・ジャスミン

【利尿作用もあり、身体を温める 血流促進】
・ジャーマン カモミール
・エルダ―フラワー 
・エルダ―フラワー
・リンデン 

【風邪にオススメ メディカルハーブ】
・エキナセア 風邪予防に◎
・エルダ―フラワー

【喉の痛み 咳】
・タイム
・セージ
・マシュマロ―
・マロ―ブルー
ホリスティックなビューティーライフにぜひハーブティーをお試しくださいね!
一番のオススメは・・ エキナセア☆

PAGE TOPPAGE TOP

fromボディ館

「リンパを味方に!」

ボディ館 店長   脇本佳津子

脇本佳津子

「リンパの流れを良くすると美容に良い」とご存じな方は多いと思うのですが、実は健康面にも良いとはご存知でしょうか?!
そもそもリンパとは何かというと…
大まかに
「リンパ管」「リンパ液」「リンパ節」で構成されています。
リンパ管をリンパ液が通り、その途中にリンパ節があります。
血管を流れる血液中にある血漿がしみ出てリンパ管に回収されると、リンパ液となってリンパ管を流れていきます。リンパ液が流れる途中にリンパ節があり、リンパ節で作られたリンパ球のおかげで体内に侵入した細菌やウィルスなどを撃退し、身体中へ回るのを阻止しています。リンパ節ってフィルターのような役割をしてくれています。
ですからリンパ液が良く流れ、リンパ節の防御機能が正常に働いていれば、私たちが病気になることはありません。
リンパの流れが滞ると免疫機能が低下して風邪を引きやすくなったり、太りやすくなったりなど健康面、美容面に様々なトラブルが起こってしまうのです。
ちなみに、リンパ液の流れるスピードってとてもノロノロなんです。
血液は身体を40秒で1週するのに対し、リンパは1分間で30cmしか進まないんです!!
血液は心臓がポンプになって流してくれるのですが、リンパにはポンプがないのです。
筋肉の動きのみで動いているのでノロノロなのです。ですから筋肉を動かしてあげることはとても大事!
ですが、「運動をしよう」となると日常に取り入れるのが難しい方も多いかと思います。
そこでオススメがストレッチ!!
縮こまっている筋肉をグイグイ伸ばしてあげるのです!
「普段使えていない筋肉のところ=リンパの流れが悪い」ので伸び縮みするだけでポンプとなり流れが良くなります(^^♪
無理のないことをライフスタイルにひとつだけ取り入れるだけで、確実に未来の自分は美しくなります!!
ぜひトライしてみてください(^_-)-☆

PAGE TOPPAGE TOP

from新館

「生活習慣や食生活を見直して免疫力をアップ」

新館 カウンセラー   秋山久枝

秋山久枝

お肌には免疫機能があり、菌やウイルスなどが毛穴から侵入してこないように防御しています。美肌を保つためには「免疫力」をアップさせることが必要です。

しかし、様々な生活環境の影響で、肌本来が持っている免疫力は低下することがあり、それによって外敵が侵入しやすくなります。
これが、肌トラブルであるにきびや吹出物や乾燥肌、敏感肌の原因になっていきます。

・過度のストレスや疲れ
・偏った食生活 便秘
・睡眠・運動不足
・加齢による低下
などが免疫力低下の要因になります。


免疫力アップには「自律神経」のバランスが深くかかわってきます。

自律神経には昼間、脳や身体を動かしている時に働く「交感神経」と、寝ている間やリラックスしている時に働く「副交感神経」の2種類があって、この2つの神経を切り替えながら生活しています。

自律神経の切り替えがうまく行われていれば、免疫力は高まります。

しかし免疫低下の要因により「交感神経」側に偏ると、免疫のバランスが崩れてさまざまな病気を引き起こしてしまいます。

免疫力は、生活習慣や食生活を見直せば間違いなくアップするそうです。
免疫力がアップすれば肌細胞が元気になり、それによって肌機能が正常に行われ、健康な美肌がキープできるということになります。

免疫力をアップさせる栄養素は、

■ビタミンA(皮膚や粘膜、リンパ細胞の働きを強化する)
…かぼちゃ、人参、ほうれん草

■ビタミンB6(免疫グロブリンと呼ばれる抗体の元)
…バナナ、いわし、マグロ

■ビタミンC(抗酸化作用でマクロファージを活性化)
… ブロッコリー、ピーマン、ゴーヤ

■ビタミンE(B細胞の増殖させ、抗体の生産性を高める)
…モロヘイヤ、アボカド

その他、ミネラルや良質の油も必要になります。

ビタミンは体内で生成することができないので、外部から摂取する必要があります。
またそれぞれのビタミンがお互いに反応しあって大切な働きを促進していくので、どれもバランスよく摂取することが重要です。

・栄養素を意識した食事、
・規則正しい生活、睡眠
・適度な運動で健康な身体作りをしていきましょう!

PAGE TOPPAGE TOP

→ 2016年5月

  四月の紫外線対策
  美顔本館 カウンセラー 伊藤万莉菜
  腸内環境とダイエット
  ボディ館 カウンセラー 田中美佐子
  新館

PAGE TOPPAGE TOP