HOME > エルクレスト美通信

2014年1月号

バックナンバー

INDEX

  潤いのある肌つくり
  美顔本館 カウンセラー 染谷彩子
  自律神経を整える
  ボディ館 カウンセラー 村上博子
  冬の頭皮トラブル
  新館 カウンセラー 石橋陽香

from美顔本館

「潤いのある肌つくり」

美顔本館 カウンセラー   染谷彩子

染谷彩子

この時期やはりお客様のお声で多いお悩みが「お肌の乾燥」です。
空気が乾燥したり皮脂分泌が少ない上、忙しい毎日にさらに悪化することも…。

☆「とにかく顔が乾燥してしまう!」という方はマイルドな洗顔とビタミンA・抗酸化ビタミンの補給を


温かいお湯で洗顔をしたり、タオルでゴシゴシしたりすると必要な皮脂や角質がなくなり乾燥の原因になります。

*洗顔はぬるま湯でおさえるように優しくふき、スキンケアでビタミンAと抗酸化ビタミンの補給を


☆「基礎のスキンケアをしているのに乾燥が気になる!」方はスキンケアのアイテムを1品プラスして

繰り返す乾燥の部分はよく使っていたり、暖房や外気などの環境だったりでトラブルがなかなか解消しないことがあります。

*お肌にあったものを1品プラスしてお肌修復がおすすめです

素早くケアしたい方はサロントリートメントにぜひいらしてくださいね


☆「疲れている、冷えやすい」と感じる方はリラックス&全身ポカポカを常にイメージして

お肌は1番外側にある臓器です。そこに栄養を届けるには常に身体が温かいことが大切になります。
日中の冷え対策・夜は湯舟に浸かることともに、いつでも出来るストレッチがおすすめです。

血流もよくりますし、冷えないことで免疫力も上がります。

*疲れてるとこ、冷えやすい所は伸ばして動かす。
「気持ちいい」と思うくらいがいいです。

忙しく頑張っている時ほどお肌の乾燥感は強くなります。
ご自身の頑張った部分はプラスしてスキンケアをしたり、ストレッチしてあげて気持ちのよい年初め、潤いのある毎日にしていきましょう。

PAGE TOPPAGE TOP

fromボディ館

「自律神経を整える」

ボディ館 カウンセラー   村上博子

村上博子

「疲れがとれない、良く眠れない、生理不順、肩こり、便秘」

このような悩みを持つ女性が、増え続けています。
ストレスが多いのが原因です。
気が休まらず、病んでしまう。自律神経の中の、体を緊張させる交感神経だけが上がり、リラックスさせる副交感神経が、上がらない。自律神経のアンバランスが、不調の原因です。

ではどうすれば、解消できるでしょうか。
体には自然治癒力という、自ら健康になる力が備わっています。体の声を良く聞いて自律神経のバランスを整え、自然なリズムを取り戻したら、必ず体調は良くなります。
まず、自然なリズムの第一歩は、便秘を治すことです。なぜなら、栄養は血液として腸から全身に運ばれるからです。良い血液がスムーズに全身をめぐっていれば、体には老廃物も、疲れもたまらず、スッキリ元気になります。

その他にも自律神経を整えるには、

☆ホッとできる時間を、1日の中に必ず作る

☆前の晩に夜更かしをしても、朝は必ず決めた時間に起きる

☆朝日を浴びる

☆朝起きたら一杯の水を飲む

☆朝食を食べる

☆規則正しい排便の癖をつける

☆歩く習慣をつける

☆半身浴をするは

☆怒らない

☆猫背にならならず、背筋を伸ばす

☆笑う

出来るだけ、これらのことを実行し、自律神経美人を目指しましょう♪

PAGE TOPPAGE TOP

from新館

「冬の頭皮トラブル」

新館 カウンセラー   石橋陽香

石橋陽香

12月になり、ますます寒さと乾燥感が増してきましたね!

顔やお体、そして頭皮。冬の時期に乾燥はつきものです。
その中でも今回は特に頭皮の乾燥についてお話したいと思います!

乾燥によるトラブルには、
⚫︎かゆみやフケ
⚫︎しっしんやにきび
⚫︎脱毛症状
などが挙げられます。

当てはまる方も少なくないはずです。
では何故それらのトラブルが起こってしまうのか、原因を挙げていきたいと思います。

[身体的原因]
⚫︎偏った食生活や水分不足によって十分な栄養が皮膚にまで行き渡っていない
→血液がドロドロ状態です。
⚫︎冷えやストレス、睡眠不足により血流不全を引き起こし、例え正しい食生活を送っていても十分に栄養が運ばれていない
→血管が収縮しています。
⚫︎暖房機などの使用により自身の新陳代謝能力を低下させている
→本来は寒い方が代謝能力が高まります。

[ミスケアによる原因]
⚫︎洗浄成分の強いシャンプーを使用している
⚫︎シャンプー剤のすすぎ不足
→これらにより頭皮の油分不足を引き起こします。
⚫︎温度の高いお湯でこするように洗髪している
→角質層をふやかし、壊してしまう恐れがあります。
⚫︎自然乾燥や半乾き状態、またはドライヤーの熱風を近い距離で長時間当てている
→角質がふやけている時間が長くなり剥がれやすい状況です。

水分や油分不足による乾燥で、皮膚のバリア機能である角質層が剥がれてくることがあります。
そのバリア機能が低下することで雑菌繁殖のしやすい状況になります。
そして剥がれた角質のかさばりにより毛穴が塞がれ、毛穴の中に脂が溜まり、ニキビまたは髪が育ちづらい環境になっている状況になります。
それが脱毛に繋がる恐れもあります。

[解決策]
⚫︎バランスの良い食事を取り、こまめに水を飲むようにする。
⚫︎お腹や腰にホッカイロを貼るなどをして体の中心部を冷やさない。
⚫︎ぬるめの湯船につかり体を温めることで深い質のよい睡眠を誘う。
⚫︎ストレスを溜め込まない。
→体を動かす、趣味を作る、ポジティブに考えるなど
⚫︎シャンプー時の2倍の時間をかけてすすぎを行う。
⚫︎シャワーをぬるめの温度設定にして、揉み込むように洗う。
⚫︎シャンプー後はしっかり頭皮を乾かす。ただしドライヤーの熱は弱め、風は強めにして頭皮から遠めに使用する。

今からでも遅くありません。
自身で出来るケアは意外と沢山あるんですね♪♪
これから特に気をつけて辛い冬を乗り切りましょう!

PAGE TOPPAGE TOP

→ 2016年5月

  四月の紫外線対策
  美顔本館 カウンセラー 伊藤万莉菜
  腸内環境とダイエット
  ボディ館 カウンセラー 田中美佐子
  新館

PAGE TOPPAGE TOP