HOME > エルクレスト美通信

2010年4月号

バックナンバー

INDEX

  春先の紫外線
  美顔本館 カウンセラー 濱井彩
  健康的に美しくなる為に冷え改善を
  ボディ館 カウンセラーリーダー 矢部絹江
  ムダ毛の自己処理は危険です
  新館 カウンセラー 深田未央

from美顔本館

「春先の紫外線」

美顔本館 カウンセラー   濱井彩

濱井彩

皆さんこんにちは

シミ、シワ、たるみの大敵、紫外線は春先からだんだん強くなってきてます!
紫外線にはUVーA波とUVーB波の2種類ありますが、紫外線B波は皮膚の中では表皮までしか通過できませんが、中程度の透過性と強いエネルギーを持った紫外線です。肌が赤くなったり、ひどい場合はやけどのような状態にもなります。

紫外線A波は透過性が高く、皮膚の中でも真皮まで影響を及ぼすので、シミだけでなく、シワやたるみの大きな原因にもなります。また雲や窓ガラスも通り抜けてしまうので、たとえ曇りの日や室内でも日中の紫外線対策が必要です。

エンビロンのスキンケアで、光老化の予防とダメージ肌の補修をしっかりしていきましょう。

また春先からの紫外線対策のアイテムとして帽子、日傘の活用がオススメです。
頭皮も顔とつながっているので、紫外線を浴びると頭皮が痛み、シミはもちろん、たるみの原因にもなってしまいます。
秋に抜け毛が増える方は春夏に紫外線を多く受けている場合があるので注意しましょう!

若々しいお肌でいるためにも今からしっかりとした紫外線対策をしていきましょう(*^_^*)

PAGE TOPPAGE TOP

fromボディ館

「健康的に美しくなる為に冷え改善を」

ボディ館 カウンセラーリーダー   矢部絹江

矢部絹江

春のこの時期は気温も上がり、過ごしやすくなりコートを脱ぎ、いよいよボディラインの気になる季節本番となってきましたね!
集中的にダイエットに取り組む中で、お身体の根本である冷えについてお話させて頂きたいと思います。

気候は温暖になってきてもまだまだ地表温度は冷たく冷えやすいですが、女性に多い冷えの要因として、冷たいものの摂り過ぎ、ホルモンバランスの乱れ、基礎代謝が低い、靴や下着の締め付け、筋力の弱さによる血流不足、運動不足による筋力低下、月経による貧血状態、栄養の偏り、酸性体質、自律神経の乱れ、ストレスなど多様です。

現代の生活環境の中では冷えずして過ごすのは難しいと思えるほどですね。手足などは冷えを自覚しやすく女性の80%以上が冷えに苦痛を感じているというデータがありますが、低体温は身体全身の冷えで、自覚しにくいものでもあります。
36℃以下の人は低体温であり、サロンに来られる方の中には低体温の方が本当に多いです。痩せやすいというのは全身の代謝が良いということですが、それはホルモンと体内酵素の働きによって左右されます。
内臓至適温度が37.25℃なければ酵素反応も起きないので、これらがうまく働かないのです。
そして体温を1℃上げるのに使われるエネルギーは200kcal、基礎代謝が1℃高い人は毎日低い人より200kcal多く使われるので、脂肪太りになりにくいともいえます。

健康面で考えても冷えは放置してしまうと、慢性的な肩こり、腰痛、疲労感などの不定愁訴や女性は骨盤の中が複雑に入り組んでいるため骨盤内の冷えによる婦人科系疾患など引き起こす要因にもなります。内臓温(深部温度)の理想は上腹部37℃、下腹部36℃、足先27℃です。今の内臓温をチェックして生活の中に生姜紅茶を飲んだり、腹巻きをする、締め付けのない正しい下着選びをし、半身浴をする事などを取り入れて頂き、健康的に美しくなっていきましょうね☆

PAGE TOPPAGE TOP

from新館

「ムダ毛の自己処理は危険です」

新館 カウンセラー   深田未央

深田未央

こんにちは☆

ようやく訪れましたね!! 春(^o^)
寒い毎日が終わり、過ごしやすい季節になりましたねo(^o^)o

暖かくなれば、当然お肌を露出することも増えてきますよね。今まで洋服で気にならなかったムダ毛。これからはどんどん気になる季節になって来ます。ムダ毛の自己処理はめんどくさい。毎日続けていてもまた生えてきて、それは一生なくなりません。

でも私たち女性なら、ムダ毛を処理しないわけにはいかないですよね?
ところが毎日の自己処理が思っている以上にお肌に負担をかけ、トラブルの原因になるのです。

みなさんは自己処理でこんなトラブルになっていませんか?

トラブル〔1〕
炎症、赤いブツブツ例えば毛抜きなどで、引き抜くような自己処理は肌への負担も大きく毛穴が広がってしまいます。そこに細菌が入って炎症をおこし、鳥肌のような赤いブツブツになってしまいます。

トラブル〔2〕
色素沈着カミソリでの自己処理では、毛と一緒にお肌の角質も削ってしまい、お肌の黒ズミ、つまり色素沈着の原因となります。

トラブル〔3〕
埋もれ毛。毛抜き等で抜いている過程で、毛が皮膚の中で切れてしまうことがあります。すると伸びても埋もれたまま伸びてしまう『埋もれ毛』の原因となるのです。

トラブル〔4〕
毛が濃くなった。カミソリでは処理をした断面が斜めになるために次に生える毛が太く見えます。処理をするたびにより太くたくましい毛が生えてきます。刺激を与えると、毛は成長し範囲も広がっていくのです。

こんなトラブル等からも、さよなら出来るのが脱毛なんです。脱毛をすれば毎日の手間もなくなり、お肌のトラブルもなくなります。

4月にはエルクレスト第一回、除毛体験教室を開催致します。

先着100名様に、除毛クリームをプレゼントさせて頂きます!

除毛クリームの詳しい詳細は、先月の山領先生の美通信にてご覧下さいませ!!
ぜひみなさん、お友達をお誘いあわせのうえ、ご参加ください。

お待ちしております!

PAGE TOPPAGE TOP

→ 2016年5月

  四月の紫外線対策
  美顔本館 カウンセラー 伊藤万莉菜
  腸内環境とダイエット
  ボディ館 カウンセラー 田中美佐子
  新館

PAGE TOPPAGE TOP