HOME > エルクレスト美通信

2008年6月号

バックナンバー

from美顔本館

「少しやり方を見直すだけですっきりさっぱり、でもつっぱらない洗顔。」

美顔本館 店長   木村 恵子

木村 恵子

夏の気配を感じ始めましたがいかがお過ごしですか?汗をかくことが日常になってきましたね。この汗、そのままにしていると肌表面が乾燥してきますし、汗の成分が変性してアンモニアに変化、皮膚を傷める原因にもなります。ちょっと迷惑な存在?に感じる今日この頃ですね。でも汗は体温上昇を防ぐため、脳が皮膚に指令を出して発汗する仕組みになっています。汗が蒸発するときに身体から熱を奪うので体温を一定に保つという大切な役割を担っているのですね。では汗をかきやすいこの時期、ケアはどうしたら良いのでしょう?

(1)汗をかいたらやさしく拭き取る。
(2)洗い流す

…身体は良いけど顔は日中メイクをしていることが多いので、やれてせいぜい(1)くらいしか出来ませんよね。ならばおうちでしっかり洗顔をしてあげましょう!それにメイク=化学成分、そう考えると汗もメイクもしっかり落とさなきゃ、という気持になりますよね。メイクの汚れと肌から出る汚れは種類が違うので分けて洗い流すのがおススメです。メイク落としはいろいろなタイプがありますが肌質によって合う合わないがありますので、スタッフに一度相談してみましょう。

洗顔料は泡立つタイプと泡立たないタイプに分かれます。泡立つタイプはしっかり泡立て、泡を転がすように顔全体をやさしく洗いあげてください。泡立たないタイプは顔全体に優しくなじませてください。どちらの場合も洗顔中、息を止めていませんか?息を止めると呼吸が苦しくなって雑になりがちです。大きく深呼吸しながら、ゆったりとした気持でしてみてください。お肌に汚れと一緒に一日のお疲れも浮き上がってくる感じがしますよ。そのあとはぬる~いお水で最低30回はすすいでくださいね。少しやり方を見直すだけですっきりさっぱり、でもつっぱらないんです。その後はしっかり保湿ケアをして、明日の汗に備えましょう。サロンでも洗顔チェックを行えます。スタッフまでお尋ねください。

PAGE TOPPAGE TOP

fromボディ館

「サロンで受けていただいているLPGの5つの効果」

ボディ館 カウンセラー   塚田 奈美

塚田 奈美

ついこの間、新年を迎えたと思ったらもう6月ですね!早いもので一年の折り返しですね。梅雨が明けると夏本番ですね。この季節、お洋服や体温調節にも気を使われていることと思います。薄着になるとやはり気になるのがボディラインではないでしょうか?ボディラインを大きく左右するのが皆さんよくご存知のセルライトです。中世の絵画などでは“美の象徴”として太ももなどに描かれていたことをご存知の方も多いのではないでしょうか?しかし、現代での美意識では醜さのシンボルになっています。セルライトは皮膚表面をボコボコっとさせて印象を悪くさせてしまうどころか、肌がかさつく原因にもなります。さらに脂肪層はますます厚みが増していきます。そして一番できやすいのが下半身なのです。下半身は上半身に比べて内臓機能がないので体温も上半身に比べて低くなっています。代謝機能が下がりセルライトが出来やすくなってしまうのです。セルライト(オレンジピールスキン)は、脂肪細胞と老廃物、コラーゲン繊維が固まったもので代謝されづらく、一度出来てしまうと食事制限や運動などではなかなか解消することが出来ません。
セルライトが出来る原因は人それぞれ違います。ホルモンバランスの乱れ、血行不良やムクミ、運動不足、冷え性、水分不足などです。普段、皆さんにサロンで受けていただいているLPGには5つの効果があります。

(1)セルライトの解消ができる。
(2)皮膚のタルミを解消し、引き締める。
(3)皮下脂肪の減少。
(4)血行・リンパの流れを良くし、冷え、むくみを解消する。
(5)リラクゼーション効果。

この5つの効果を同時にケアできるのはLPGだけなのです!皆さんも夏本番を迎える前に少しだけ高めの目標を立ててみたらいかがでしょうか?お気軽に私たちスタッフにご相談ください。そして6月1日はボディ館第1回目のレクチャーがあります。待ちに待った、世界中のエステティシャンが憧れる森柾秀美先生による講演です。一生役立つ知識がご自分のものになり、必ずや来てよかったと言っていただけるイベントになります。乞うご期待です!

PAGE TOPPAGE TOP

from新館

「光脱毛はお肌にやさしく負担の少ない新しい脱毛方法です。」

新館 カウンセラー   小久保美幸

小久保美幸

皆さんこんにちは、陽気も暖かくなりムダ毛が気になる季節になってきました。ムダ毛を自己処理していませんか?自己処理で多い『剃る』『抜く』『はがす』などの自己処理はお肌をとても傷めます。『剃る』方法はどうしても毛の剃り口が見えてしまうのできれいなお肌になりにくいのと、シェイバーでお肌に細かい傷をつけ炎症を起こしたり、色素沈着を起こしたりします。以前の傷痕がくすんで色素沈着している方が非常に多く、この仕事をしていて驚かされます。

ツィザー等による『抜く』場合は痕が見えないので見た目はキレイですが抜いた毛穴から汚れや細菌が入りやすく毛嚢炎を起こしやすくなります。しかも抜いた後に生えてくる毛がイングロンヘアという埋もれ毛になりやすく専門店で光脱毛やニードル脱毛をしようとする場合大変困った問題が起こります。ワックスやテープ等で『はがす』場合も同じことが起きます。多くの女性にとって専門店での脱毛が身近なものになり“脱毛は女性の身だしなみ”と言われる時代です。光脱毛はお肌にやさしく負担の少ない新しい脱毛方法です。もっともっとたくさんの女性に知ってもらいたいなと思っています。

PAGE TOPPAGE TOP

→ 2016年5月

  四月の紫外線対策
  美顔本館 カウンセラー 伊藤万莉菜
  腸内環境とダイエット
  ボディ館 カウンセラー 田中美佐子
  新館

PAGE TOPPAGE TOP