HOME > エルクレスト美通信

2008年5月号

バックナンバー

from美顔本館

「今の時期にあったお手入れを。紫外線は真夏よりもお肌に強い刺激となります。」

美顔本館 カウンセラー   翁田 弘美

翁田 弘美

「この前新年を迎えたと思ったら、もう5月!あっという間だったなぁ…」そう感じている方も多いのではないでしょうか?日本には四季があり気候が変わります。それに合わせて身体もお肌の状態も変わります。きちんと今の時期にあったお手入れをしていきましょう。
5月といえば晴れのが多く、澄んだ青空が広がり気持いいですよね!屋外で過ごすにはとても良い季節です。でも紫外線は真夏と変わらない量が降り注ぐうえ雲や湿気が少ない分遮るものが無いため、真夏よりもお肌に強い刺激となります。『光老化』という言葉をご存知ですか?肌の老化の原因は加齢によるものが20%程度、あとの80%は紫外線が原因とされています。紫外線が肌に与えるダメージはバリア機能の破壊をしたり、皮脂を酸化させて毛穴を塞いだり、ニキビを悪化させたり、弾力線維を傷つけたりetc…いい事はまったくありません。「小麦色の肌は健康的!」というのは、もう一昔前のお話です。いまや日焼け止めはスキンケアの必須アイテムです。朝のお手入れの一番最後には内側と外側両面からお肌を守るラドローションをつける習慣を身につけましょう。紫外線から肌を守ることが最大の老化予防になります!

それから皆さんお楽しみのカレンダーチケットですが5月はなんと『2回来店でリフト6のトリートメントが1回プレゼント(定価21,000円)』です!パンスモン効果でお肌深部の筋肉やリンパを刺激し、優れたデトックス効果がありますので、くすみが取れてすっきり美白!ムクミが取れてひと周り小さなフェイスラインを実感できます。また線維芽細胞が活性されますので紫外線で傷ついた弾力線維を修復し、ハリをもたらします。即効性がありますので、1回でも効果を実感できますよ。行楽日和の5月、予定がいろいろある方もない方もぜひトリートメントにご来店いただき、この素敵なプレゼントをゲットしてくださいね。

PAGE TOPPAGE TOP

fromボディ館

「美しさをバックアップする栄養機能食品リズミエットαのおすすめ」

ボディ館 カウンセラー   田中 美紗子

田中 美紗子

もう夏は目の前!薄着になってくるこの季節、皆さんはどの様にお過ごしですか?新年度を迎え気温も高くなり疲れも出やすい時期ですし紫外線も気になりますね!疲れや紫外線に負けない身体を作るのに必要なのはビタミン・ミネラルです。ビタミン・ミネラルなどの栄養素は食事から摂るのがベストですが食事だけで摂れる量はなかなか一日の必要所要量に満たないことがほとんどです。一日に必要なビタミン・ミネラルを野菜から摂取しようと思うと約400g必要になりますが、実際には摂れていない方がほとんどです。また悲しいことに50年前のトマトと現在のトマトでは平均して五分の一の栄養価しかないというデータもあります。これはトマトに限った話ではなく野菜全般に言える話です。健康維持だけではなく脂肪の燃焼や日々のストレスに打ち勝つためには不足している栄養素をサプリメント等で補うことが大切です。

身体を維持するためにもビタミン・ミネラルは必要ですが、さらに脂肪を燃焼したり、免疫力をアップさせたり、美肌効果、老化予防を期待するのであれば普段よりも多く摂らなければならないのです。そしてビタミン・ミネラルは微量ではありますが相互にチームワークで働くものなのでバランスよくマルチで摂取しなければなりません。
ボディ館では美しさの決め手となるビタミン・ミネラルをバランスよく配合した栄養機能食品リズミエットαをおすすめしています。マルチビタミン・ミネラルに加えダイエットや疲労回復を応援するLカルニチン、ストレスや眼精疲労を考慮してルテイン・カシスポリフェノールも配合。DHAやEPA、高麗人参やロイヤルゼリーなど各種健康補助成分が盛りだくさんです。ちなみに私はリズミエットαを飲み始めてから以前は疲れやすかったのが次の日に疲れが残らなくなったり、体脂肪が増えにくくなりました。それは、糖質と脂肪の代謝が以前と比べ良くなったからだと思います。皆さんもぜひお試しください。

5月は皆様の美しさをバックアップするリズミエットαを20%OFFでご提供させていただきます!ぜひご活用ください!

PAGE TOPPAGE TOP

from新館

「抗炎症作用、抗菌作用、保湿作用に優れている『アフタークリーム』についてのご紹介」

新館 カウンセラー   岩瀬 由香利

岩瀬 由香利

今回は脱毛メンバーの皆さんにお使いいただいている『アフタークリーム』に配合されている内容成分についてのご紹介です。
まず全配合成分を列挙します。

・アラントイン(抗炎症作用)
・シオーグレチノール(ステロイドホルモン類似作用、抗炎症作用)
・感光素(防腐、殺菌作用)
・ティーツリー(抗菌免疫増強作用、やけどの修復改善作用)
・ラベンダー(鎮静、殺菌作用)
・ローマンカモミール(抗炎症作用)
・ホホバ油(殺菌作用)
・スクワラン(湿潤作用)
・モンタノブ68(植物由来乳化作用)
・レシチン(乳化作用)
・ステアリン酸(ルリーム基材)
・ブチレングリコール(湿潤作用)
・ミツロウ(増粘成分)
・アロエベラエキス(抗炎症作用、保湿作用)
・グリセリン(保湿作用)
・ビタミンE(抗酸化、血行促進、皮膚の柔軟化作用)
・DNワックス(乳化安定成分)
・プラセンターオイル(細胞賦活、抗炎症)
・シリコーン(皮膜成分)
・プラセンターエキス(細胞賦活、美白、抗炎症)
・ハイドロライト(防腐、殺菌作用)
・フェノキシエタノール(防腐、殺菌作用)
・キャロット油(抗酸化作用、ビタミンA作用)
この中から三つの成分についてスポットを当てて少しお話します。

(1)ローマンカモミール
ローマンカモミールはよくリンゴのような甘い香りだといわれています。そしてローマンカモミールは精油の中でも鎮静作用に優れています。なので火傷にはもちろん水ぶくれ、炎症を起こした創傷、潰瘍、おできなどを軽快してくれます。またカモミールは炎症を抑える働きがあるため、乾燥性の湿疹などにも使用されています。敏感肌、乾燥肌、アレルギーの方におすすめです。皮膚の洗浄剤としての効果もあるんですよ。

(2)ティーツリー
アロマオイルとしては世に猛威を振るっている花粉症の対策アイテムとして最も活躍するオイルの一つです。ティーツリーは粘膜の炎症を抑える作用に優れ、花粉症の場合特に鼻粘膜にある花粉を取り除き、くしゃみや鼻水を抑えるのに非常に役立ちます。また火傷、日焼け、白癬、いぼ、タムシ、単純疱疹、水虫、頭皮の乾燥、フケなどに有効です。

(3)キャロット油
キャロット油とはニンジンを大豆油などの植物油に漬け込んで抽出した浸出油でビタミンAが多く含まれています。βカロテンが痛んだ皮膚や粘膜を回復して保護します。

アフタークリームは抗炎症作用、抗菌作用、保湿作用に優れていますので脱毛後のアフターケアだけでなく日焼け後やかぶれ、炎症を起こしてしまった部位にも役立ちます。脱毛後は一日3回程度施術箇所に塗布してください。最低でも一週間続けることをお勧めします。
最後までお付き合いいただき誠にありがとうございました。

PAGE TOPPAGE TOP

→ 2016年2月

  冷えと健康
  美顔本館 カウンセラーリーダー 佐和田典子
  胃に負担を掛けたくないときの胃に優しい5つの食べ物
  ボディ館 カウンセラー 小松崎薫
  新館

PAGE TOPPAGE TOP