HOME > エルクレスト美通信

2008年3月号

バックナンバー

INDEX

  3月は三寒四温と言われる温度差の激しい季節です。
  美顔本館 カウンセラー 二宮 千尋
  腸を元気にしてこの季節を乗り切りましょう!
  ボディ館 セラピスト 鵜ノ澤 朋子
  ビタミンCやビタミンEの食べ物を摂っておいてくださいね!
  新館 セラピスト 福本 志保

from美顔本館

「3月は三寒四温と言われる温度差の激しい季節です。」

美顔本館 カウンセラー   二宮 千尋

二宮 千尋

3月って三寒四温って言われる温度差の激しい季節ですよね!紫外線も夏並み!に急に強くなるしお肌にとっては全くもってメイワクな月ですよね。でも!!負けていてはどんどん光老化して老けていくばかり…(キャー)さあ!!アンチエイジングよ!!今日一日をムダにしないで紫外線カット&活性酸素を除去&ダメージ肌の修復にいそしみましょう♪3月…春…芽吹き…ニキビ…交感神経緊張…肩こり、血行不良による肌のくすみ寒かったり暖かかったり…自律神経の乱れ…乾燥、毛穴のひらき。
冬眠していた身体が起きる…アレルギー、かゆみ、乾燥肌。
まだまだシャワーやお風呂の温度が高くなりがちな季節、お肌の保護膜を傷つけたり、取り去ってしまう事によって敏感肌、乾燥、ニキビ、そしてたるみ、シミ、シワなどを発症してしまいがちになります。この時期、肌トラブルを起こさないための一番のポイントは洗顔です!皆さん!少ないクレンジングでお肌を擦っていませんか?たっぷりのクレンジングで指紋を感じないようにメイクや一日の汚れを落としてくださいネ。洗顔の仕方はその人の肌によってそれぞれ違いますから詳しくはスタッフに聞いてくださいネ。
そうそう!!3月のカレンダーチケットは“保湿オプションプレゼント”ですから、たっぷりと保湿してさしあげます!!それではサロンでお会いできるのを楽しみにしています♪

PAGE TOPPAGE TOP

fromボディ館

「腸を元気にしてこの季節を乗り切りましょう!」

ボディ館 セラピスト   鵜ノ澤 朋子

鵜ノ澤 朋子

この間、年が明けたかと思ったらもうすぐ春ですね。少しずつ暖かくなってきますが、3月は気温の変化が大きく自律神経が乱れやすかったり、アレルギーや花粉症なども多くなる時期です。これは免疫力の低下で起こりやすくなります。この免疫力と深く関係している内臓が『腸』と言われています。腸は免疫細胞が集中していて進入してくる病原菌や有害な異物から身体を守っています。テニスコート一面分にもなる腸に住み着いた善玉菌が免疫力をアップしてくれるので、人体最大の免疫器官とも呼ばれています。便秘がちな方、風邪やアレルギーを起こしやすい方、ストレスが続いている方など…腸を元気にしてこの季節を乗り切りましょう!
ボディ館では、唯一内臓を温め、働きをよくしてくれる超短波という物療器があります。冷えやストレスからくる自律神経の乱れや腸の免疫力をアップさせてくれるすごい味方です。また、内臓を温めてあげることで、食べたものの栄養の吸収をより良くしてくれます。まだの方はぜひ体験してください。
私が最近はまっているもの♪
●ハーブティー(ミント…風邪の諸症状に  カモミール…冷え・むくみ)
●あさり豆乳みそ汁(クラムチャウダーでも良い)
・あさりの亜鉛が免疫力アップに
・豆乳のマグネシウムは副腎の働きを助けてアレルギーを抑える働きがあります。
・根菜類を入れることで繊維質も取れて便秘にも良い。

PAGE TOPPAGE TOP

from新館

「ビタミンCやビタミンEの食べ物を摂っておいてくださいね!」

新館 セラピスト   福本 志保

福本 志保

脱毛の技術を終えられたお客様をお見送りする時、「今日はビタミンCやビタミンEの食べ物を摂っておいてくださいね!」と、いつもお話させていただいています。それは、施術中たとえ痛みが無くてもドキドキしながらベッドに横たわっていると体内では、活性酸素が出ているからです。ご存知の方も多いと思いますが活性酸素は体のサビ。美容の大敵です!キレイになりたくてエステに通っているのに、そのエステで活性酸素を出していたら元も子もありませんよね?だからビタミンCとビタミンEなのです。この二つは、体内の活性酸素をやっつけてくれる強い抗酸化作用があることで有名なビタミンですが、「じゃあ。何を食べたらいいの?」とのご質問を私もよく受けます。そこで今回の美通信ではビタミンCとビタミンEの食材を“この季節が旬”に限定して、いくつかご紹介します。
<果物>100g中のビタミンC
・温州ミカン 32mg
・イチゴ   34mg
・ネーブル  60mg
・キウイ   69mg(ちなみにリンゴは4mgです)

<野菜>100g中のビタミンC / ビタミンE
・ピーマン 76mg      /  0.8g
・大根の葉 53mg(根:12g)/3.8mg(根:0)
・カブの葉 82mg(根:19g)/3.2mg(根:0)
・ブロッコリー 120mg   / 2.5mg
・菜の花  130mg     /  3.0mg
でも「なかなか意識して摂るのは大変!」という方には、ビタミンだけでなくミネラルもバランス良く入って手軽なサプリメント『リズミエットα』がおススメです。もちろん、ものぐさな私は愛飲しています!!

PAGE TOPPAGE TOP

→ 2016年2月

  冷えと健康
  美顔本館 カウンセラーリーダー 佐和田典子
  胃に負担を掛けたくないときの胃に優しい5つの食べ物
  ボディ館 カウンセラー 小松崎薫
  新館

PAGE TOPPAGE TOP